徹底検証シリーズ

徹底検証シリーズVol.3

女子大生がブレイブボードに一週間挑戦 協力:順天堂大学 スポーツ健康医科学研究所 佐賀 典生 先生

動的バランス感覚を鍛えることができるのではないか?女子大生12人が毎日20分ブレイブボードに乗って、初日と1週間後のデータを検証。アクティブバランサーという体の平衡感覚を測定できる機器と反復横飛びの回数を測定。さて、1週間のトレーニングで女子大生達にどんな変化が起きたのか??

徹底検証シリーズVol.2

ゴールデンエイジってなに? 協力:大東文化大学 スポーツ健康学部 田中博史先生

小学4年生のゴールデンエイジと呼ばれる年代のサッカー少年5人がブレイブボードに初チャレンジ!!使用前・後で、バランスディスクを使って片足立ちのタイムを測定。さて、ブレイブボード使用後バランス能力に変化はあるのか?また、30分もブレイブボードに乗っていると、軽いジョギングと同じ運動強度?!誰でも簡単に乗れてしまうブレイブボードで、運動不足のお母さん、お父さんもお子さんと一緒にチャレンジしてみてはいかがですか?

→ ゴールデンエイジに関しての詳細はこちら

徹底検証シリーズVol.1

ブレイブボードの動きを3次元解析 協力:大東文化大学 スポーツ健康学部 川本竜史先生

ハリウッド映画の制作でも使われているモーションキャプチャで、ブレイブボードを3次元解析!ブレイブボードに初めて乗る小学生の由紀菜ちゃんと、プロサーファーの寺井裕人さんの乗り方を検証。ブレイブボード特有の体をひねる動きで、身体の体幹まわりの筋肉を鍛えたり、あなたの○○○○が引き締まるかも!?

photo

大東文化大学 スポーツ健康科学部 川本 竜史 先生

ブレイブボードは、体の中枢付近にある体幹周りの筋肉を積極的に使う運動のようです。
体をひねるという動きは様々なスポーツに重要ですので、ブレイブボードに乗ることによって、それらのトレーニングに使えるでしょう。また、一般の方に関しては、お腹を引き締めたりそれらのエクササイズに効果的でしょう。

photo

大東文化大学 スポーツ健康科学部 田中博史 先生

ボードに乗ることによって、普段使わない筋肉を使うことになります。結果的にそれがボールゲームの巧みな動きにつながっていくのです。特にゴールデンエイジと呼ばれる時にこのような経験をさせることが将来の可能性を広げてくれます!!また、運動は継続する事が大切ですので、“楽しい”ということが次のモチベーションにつながっていくのです。

  • Ripstik Neo
  • Ripstik
  • Ripstik air
  • Bright
  • Ripster